語:

  • English
  • 日本語

省エネ型流動焙焼再生装置

高性能熱交換器を採用し燃料使用量が40%以下に!!

特徴

● 鋳物砂の投入口は炉頂中央に位置し、鋳物砂を炉内に均一に散布するように なっています。投入された鋳物砂は、流動層中で高温の焙焼砂と激しく混合し、 急速に昇温し焙焼されます。この時、鋳物砂は主として焙焼砂の顕熱で 加熱され、鋳物砂に含まれている可燃物が燃焼して熱エネルギーが発生します。

● これが、焙焼処理に必要な重要な熱源となり、バーナーは、それを補うための 補助的な役割を担っています。

● 流動層から熱交換器に入った焙焼砂には、当然未焙焼の砂が混入していますが、 熱交換器を流下するにつれて、二次焙焼されるので、炉底の砂排出バルブから 取り出された焙焼砂には、未焙焼砂混入による問題はありません。

calcinator

 

砂再生プロセス

sand-after-reclamation

新砂        使用済砂        再生砂