語:

  • English
  • 日本語

ジョイントベンチャー

二つの企業団体が手を組み、一つのプロジェクトを発足することでジョイントベンチャー (JV) は始まります。
JVにおいては、オリジナルのコンセプトを固めるため、両者ともそれぞれ同じようにコスト、時間、労力を費やすことになります。
JVの対象となるのは基本的に小規模な計画でありますが、大規模な企業においても事業の多様化を目的に続々とJVへの取り組みを行っています。
ビジネスを始めたばかりの会社であろうと、既にある程度確立されたの会社の小さなプロジェクトであろうと、JVにより確実な成果が保証されます。
新しいプロジェクトを始めるには通常高いコストが発生しますが、JVを行えばその費用を双方で負担しあい、利益も分け合うことができます。

xceed-joint-venture-english-300x189ジョイントベンチャーへのステップ

1. 市場調査&ご報告。

2. 事業計画のビジネス適合分析。

3. 最終段階におけるビジネス・ファイナンシャル計画。

4. 契約(発注内示。

5. ジョイントベンチャー始動。

6. 長期間の事業サポート。