語:

  • English
  • 日本語

サンドフレッシャー

サンドフレッシャーは鋳物砂を再生する革新的な機械です。研磨工程における砂粒の崩壊を抑え、また特別に 設計された砥石により完全な球形に近い砂に再生します。

sand-fresher-1圧縮空気流や遠心力によって砂粒を鉄壁に衝突させる等の方法は使用せず、 砂の再生を行います。

構造的には、羽根付き低速回転ドラム(回転数10〜14 rpm)が高速回転砥石の 外に設置されています。外側に配置された低速回転ドラムの可動式羽根で砥石 と羽根先端の隙間を流れる砂量を調整することが出来ます。砂粒がこの隙間を 通過する間に砥石表面に接触し、砂粒はボールを回転させるように研磨されます。 この様にして砂粒表面の角部を除去することにより理想的な球状形状に近づけ ます。

この様に研磨時間と回転速度が調整可能であるため、お客様の要求に合った 最高品質の砂粒研磨が可能となります。

 

処理可能な砂種類

クロマイト砂、フラン砂、セラミックビーズ、生砂、α-セット砂、β-セット砂、CO2砂、 シェルコーテッドサンド、コールドボックス砂、アルカリフェノール砂、ダイカ砂、 培焼砂、VRH砂など

革新的な9つの特徴

1. 研磨砥石による砂再生と砂形状の改善

高速回転砥石と低速回転羽根付きドラム回転から構成されます。砂はドラム羽根部の全スライドゲートと砥石の間を流れます。

2. 低振動と低騒音

砂粒研磨と同時に砥石の表面の偏摩耗部の是正研磨を行います。

3. 砂特性に合ったドラム回転速度の調整

砂粒の硬度や崩壊性に見合う最良条件を適用することで砂粒の粉砕を防止します。

4. 砂再生の処理時間を調整することにより最適な再生が可能

砂再生処理時間は鋳造プロセスや砂の汚染具合に応じて調整可能であるため最良品質の再生砂を経済的に得ることが出来ます。

5. ドラム式砂再生方式では砂温冷却も可能

6. 再生処理中に発生する静電気は構造的特徴により除去可能

7. 機械のイニシアルコストが安価で既存の設備の空きスペースに 簡単にレイアウトが可能

8. ランニングコストが極めて安価 9. 球状人工砂の研磨および砂再生が可能